増水ダウンリバー

DSC01021

8月に入って連日雨が続きましたね。おかげでいい具合に増水中です。

DSC01023

普段の水位が-2.40(調布橋)だけど、この日は-2.04と約40cm水位が上がっているので波も高くパワーもあり楽しかったです。

DSC01028

広告

滑り納め

いよいよ今シーズンも滑り納めの時がやってきました。
滑り納めはここ2年行っていた至仏山にしようと思ったのですが、除雪作業が遅れていて道路がまだ開通していないという事なので、かぐらに行って来ました。

20170424-DSC00964

最後を締めくくるにふさわしい天気でした。気温は高いけど空気がとてもひんやりしていて気持ち良いです。登るのにも丁度良い。

20170424-IMG_5847

20170424-IMG_5857

20170424-IMG_5854

20170424-IMG_5863

上からの眺めは最高。

20170424-IMG_5874

20170424-IMG_5884

今シーズンもケガ無く楽しく滑り終える事ができました。

春ザラメ

今年は雪が多いので、4月でもまだまだ楽しめます。
さすがに真冬のパウダーはないですが、春ならではのザラメ雪が楽しいです。

20170410-IMG_5719

前日に雨が降っていたので縦溝が結構入っていましたが、シャパーっと行っちゃいましょう!

20170410-DSC00944

森を抜けると沢です。ここもザラメで楽しい楽しい。

20170410-IMG_5785

まだまだ4月も楽しみます。

大当たり

3月の最終月曜日。南岸低気圧が発達したこの日は大当たりでした。

20170327-IMG_5685

この時期に舞うような軽いパウダーを堪能しました。
さすがに4月はこういった雪は降らないと思いますが、春ならではのスキーを楽しみたいと思います。

20170327-IMG_4896

春スキー

3月に入ってやっと天気に恵まれました。風も無くポカポカ陽気です。

20170313-IMG_5613

登山口からスキー板にシールを装着してハイクアップ開始です。
夜の内に雪が降らなかったのでトレースは残っていましたが、僕ら二人だけで山を貸し切りです。

20170313-IMG_5616

20170313-IMG_5633

40分位登った所からドロップしました。
滑り初めて150m位までは気持ちの良い雪でしたが、そこから下は重い雪になり、さらに下はぼこぼこで大変でした。それでもトップからの一本が滑れただけで大満足の一日でした。

 

Blue Sky

2月最後の休みももちろんスキーに行って来ました(笑)。

20170227-img_5577

20170227-img_5549

山の中腹辺りはガスが濃くかかっていましたが、それがまた神秘的です。森の中はノートラックで僕らだけ。

20170227-img_5554

更に標高を上げるとガスの上に出て、それはそれは見事なブルースカイでした。

20170227-img_5533

20170227-img_5583

ガスの切れ間の沢を気持ち良くターン。

20170227-img_5588

午後からはもう一人合流して森へ。
足がぱんぱんになるまで滑りました。今シーズンも残りわずかですが、思いっきり楽しみたいと思います。

雨にも負けず

湯沢付近の天気予報が雨となっていたこの日、山に行けばきっと雪だろうという期待を胸に家を出発。もう10年以上お付き合いして頂いているお客さんと行ってきました。

群馬県前橋あたりまで来ると空はだんだん曇り空へと様相を変えてきた。谷川岳付近まで来るとちらほら粉雪が舞っていました。これはもしかしたらトンネル抜ければ雪なんじゃないかと期待が膨らみます。
関越トンネルの出口が見えてきて、どんだけ降ってるかなと期待しながらトンネルを抜けると…..

なんと雨(笑)。

1月に来たときも雨で引き返していて、まさかまた雨に当たるとは今シーズン本当に天気にツイてないです。それでもまだあきらめずスキー場に向かうとだんだん止んできて駐車場に着く頃にはほとんど上がってました。そしてリフトを乗り継いで上の方まで行くと雪になってました。

20170220-img_5488

この日も登山口はクローズだったのでサイドカントリーをして楽しみました。
雪質はだいぶ重くなってましたがそれなりに楽しめました。

Pow Day

関越自動車道湯沢ICを降りて20分くらいの場所にある「かぐらスキー場」に友人と行って来ました。ここ数日の寒波でだいぶ積雪量が増えていました。この日は前日にだいぶ降ったみたいなのでかなり良いコンディションで滑る事ができました。

20170213-img_5388

ゴンドラとリフトを乗り継ぎ一番上の第5ロマンスリフトまで上がり、そこからコース脇に入り最高のパウダーを頂きました。

20170213-img_5397

それを数本繰り返した後、この日は登山口が視界不良と強風でクローズされていたので、脇から20分位ハイクアップしてドロップしました。誰もいない綺麗な面ツルパウダーは最高です。

20170213-img_5456

たっぷりパウダーを堪能し、とても最高な一日を過ごすことができました。